交通事故の後遺障害等級認定サポート《行政書士コータロー事務所》 > 交通事故マメ知識 > 症状固定とは

症状固定とは

症状固定を説明するには賠償的な面と、医学的な面からみていく必要があります。

自賠責保険の考え方では、事故当時が最も重篤であるという考えに立っていて、ケガはそこからだんだん快方に向かっていくと考えます。
   
そして、そのケガが完全に治ることを医学的に「治癒」したといいます。
しかし、治療を続けても、一定の症状が残ってしまう場合も少なくありません。

病院に行ったあとは少し楽になるものの、少し経つとまたもとのように痛みが出てきてしまって、「症状が一進一退の状況になり、これ以上治療を続けても回復の見込みがなくなってしまった状態。」ここが医学的な意味での症状固定日となります。

ではこの日を決める権利は誰にあるのでしょうか?それは医師と被害者本人です。
保険会社や医者がなんて言おうとも、真の痛みが分かっているのは本人だけですから、本人が治療を続けることによって回復の見込みがあると思えば主張することは可能です。

しかし、実際は、保険会社の治療費の打ち切りや、医者からの判断等で、症状固定日を決めることを余儀なくされることが多いです。一般的には本人とお医者さんとの話し合いの末、症状固定日を決めていきます。ですから、お医者さんとはなるべく仲良くして信頼関係を築いておきましょう。

一方、症状固定を賠償的見地から見ると、傷害部分(前半部分)の終期となります。簡単にいえば、治療費等は症状固定をすることによって、今後加害者側に請求できなくなり、被害者自身の負担となります。

こうして症状固定をもって、いったん区切りをつけ、後半部分を「後遺障害部分」として請求していくことになります。
 

関連キーワード

」「」「

交通事故でお困りの方

交通事故でお困りの方はお気軽にご相談ください。
  • 保険会社から治療費の打ち切りを言われて困っている
  • 保険会社の見積りに疑問がある
  • 後遺障害等級認定を受けたが納得がいかない
  • 示談をしていいものか迷っている

まずは当事務所にご相談ください。相談無料です。

相談無料!