交通事故の後遺障害等級認定サポート《行政書士コータロー事務所》 > 交通事故マメ知識 > 被害者請求とは

被害者請求とは

一括払いとは」の続きです。任意保険会社がサービスで行う一括払い。これによって問題が生じてきます。
それは、保険会社の人は加害者の代理人であり、大企業所属の専門家です。そうなると「素人である被害者」が「加害者側の交通事故の専門家」と示談交渉を進めていくことになるわけです。
ここで少し保険会社の人の立場を考えてみましょう。

保険会社は企業であり、企業の本質は利益の追求です。当然その社員もそれに従う義務があります。
ですから、「なるべく自賠責の範囲内で示談にもっていく。」ように努力します。そうすれば、保険会社は1円も自腹を切らなくて済みます。なかにはそのやり方に問題がある担当者もいますが、基本構造としては仕方のないものかなぁと僕は思っています。

だからといって、それでいいわけはありません。この悪い流れを打開するために被害者請求というやり方があります。
本来、自賠責と任意の2つの窓口からお金をもらえる訳ですから、まずは自賠責に自分主導で請求をして、あとから足りない部分を任意保険に請求するものです。こうすれば、自賠責の範囲内で収めようとすることは難しくなりますよね。
その手続きはご自分ですることもできます。しかし、手続き自体が面倒なのもありますし、自分の損害を上手に立証していかなくてはならないので慎重にやらなくてはなりません。


当事務所は、事故当初から解決までのフルサポート行っております。この被害者請求手続きの代理人をすることも重要な業務のひとつです。
被害者請求」。あまり馴染みのないと言葉だと思いますが、大事な権利です。

関連キーワード

交通事故でお困りの方

交通事故でお困りの方はお気軽にご相談ください。
  • 保険会社から治療費の打ち切りを言われて困っている
  • 保険会社の見積りに疑問がある
  • 後遺障害等級認定を受けたが納得がいかない
  • 示談をしていいものか迷っている

まずは当事務所にご相談ください。相談無料です。

相談無料!